Verified

ヴェネツィアのゴンドラは、観光客(結婚式を挙げたヴェネツィア人を除く)だけが利用する贅沢な交通手段です。街中にはゴンドラ乗り場があり、たくさんのゴンドリエがビジネスを待っています。ゴンドリエ

は、ヴェネツィアの象徴と神話の一部です。地元の伝説では、水の上を歩けるように足に網目をつけて生まれてきたと言われています。街の水辺を熟知した彼らは、父から息子へと受け継がれてきました。何世紀もの間、これは男性の特権でしたが、2007年には2人の女性がゴンドリエ史上初の女性になるための待機リストに載っています。

乗車前に公式の運賃を確認し、ゴンドリエと料金を合意する。価格はゴンドラ乗り場で確認できます。公式料金は45分で約60ユーロ、午後8時以降は80ユーロとなっていますが、ゴンドリエは公式料金の2倍を請求することもあります。

提示されたコストに関わらず 閑散期やビジネスの停滞が予想される時期には、公定歩合よりも安い料金で、最短45分の旅行ができるように交渉できるかもしれません。また、コスト削減のために、ゴンドラをシェアするという方法もある。ゴンドリエ

全員が片言の英語を話し、ヴェネツィアの歴史と芸術に関する基本的な試験を受けています。ただし、ゴンドリエが「O Sole Mio」を歌い出すことはありません。ほとんどの人は、"Oe Premi!"という叫び声とメロディアスな低音を聞くことができるでしょう。そして「STAI!」、何世紀にもわたってヴェネツィアの運河に響き渡ってきた警笛。

セレナーデ・ツアーに参加したい方は、5月から10月まで定期的に開催される、音楽家が同行するイブニング・フローティラに参加してみてはいかがでしょうか。ゴンドラに乗ればもっとロマンチックですが、料金はもっと高くなります。詳細はお近くの旅行代理店にお問い合わせください。

かつては都市や島々への人々の移動に欠かせないものであり、また貴族のための豪華なキャビンであったゴンドラは、現在では主に遊覧船として利用されています。ヴェネツィアの旅には欠かせません。1000年以上前から使われている交通手段で、壮大なパラッツィの家々の間を滑るように通り抜けることで、街の様子がまったく違って見えます。