ベネチアのパスポート、ビザ、観光税について

ヴェネツィアでのパスポート、ヴィザ、観光税について

イタリアへの入国には、有効期限が6ヶ月以上のパスポートが必要です。有効なパスポートを持たずに入国しようとすると、イタリア当局から入国を拒否される場合があります。

通常、3ヶ月以内の観光滞在であれば、ビザは必要ありません。仕事や勉強など、その他の目的のためには、ビザが必要となり、大使館または管轄当局から取得しなければなりません。イタリア当局は、サイトで必要な情報を提供しています。国籍、居住地、滞在期間、訪問理由などを入力することで、必要な情報を得ることができます。

Covid緊急事態のため、入国する際にはEU Digital Passenger Locator.   こちらのサイトに詳しい情報が掲載されています。

追加情報については、出身国のイタリア当局およびご利用予定の航空会社にお問い合わせいただくことをお勧めします。

ヴェネツィアの観光税

「観光税」は、ヴェネツィアで過ごした1日1人1人に適用されます。観光税は、観光シーズン(ハイシーズンとローシーズン)、宿泊施設、対象地域(ヴェネツィア旧市街、ラグーンの島々、本土)によって異なります。この税金は、地方議員によって定期的に変更されます。一般的には1ユーロから5ユーロの範囲で設定されています。この税金はホテルが徴収し、ホテルがヴェネツィアの自治体に支払います。

イタリア語または英語の書類で証明された明らかな障害をお持ちの方は、同伴者も含めて免除されます。また、未成年者、運転手、大人数の観光ガイドなども免除されます。詳細については、ホテルにお問い合わせください。