San Polo

サンポーロのセスティアの名前は、その境界にある同名の教会に由来しています。当初、現在のサンポーロとサンタクローチェを含む地域の名前は「ルプリオ」と呼ばれていた。これはヴェネツィアの中で最も小さいセスティアです。リアルト市場に近いことから、サンポーロは11世紀初頭から裕福な地域となりました。

このエリアは、活気に満ちた商業地域としての特徴を保っています。実際、すぐ近くのドルソドゥーロにはカ・フォスカリ大学があり、サンポーロ地区は非常に活気があり、若々しい雰囲気に包まれています。現在、若者に最も愛されているカンピのひとつが、クラブの存在感が際立つCampo Erbariaです。一般的に、セスティアの様々なカンピでは、多くの若者がバカリや便利なレストランを求めて楽しそうに散歩している姿が見られます。 実際、サンポーロ地区は、アートショップ、土産物屋、小さなレストラン、バカリなど、住民が経営する小さなビジネスで知られています。しかし、サンポーロはそれだけではありません。

ヴェネツィアで最も小さなセスティアには、サン・シルヴェストロやサン・トマなど、大きくて活気のあるカンピがあります。もうひとつの注目すべきカンポはCampo San Poloで、サン・マルコに次いで2番目に大きなカンポまたは広場です。

また、このエリアには古くからあるリアルト市場があり、何世紀にもわたって「商業娯楽」の中心となっています。

サンポーロは文化にも通じています。セスティアには、サンタ・マリア・グロリオーザ・デイ・フラーリ教会、サン・ジャコモ・ディ・リアルト教会、サン・ポロ教会などの教会があります。

このセスティアには、「ヴェネツィアのシスティーナ礼拝堂」として世界的に知られている「ラ・グランデ・スクオーラ・ディ・サン・ロッコ」があり、ヴェネツィアを訪れる観光客にとっては必見の場所となっています。Scuola di San Roccoは、ティントレットの基本的な作品を収集している信徒の集まりです。

ヴェネツィアを訪れた際には、サンポーロが提供する文化的な活気を存分に味わってみてください。