イタリア・ヴェネツィアの紹介

ヴェネト州の州都であるヴェネツィアは、文化と建築の宝庫であり、豊かな歴史を持つ都市です。この街は、ポンテ・デラ・リベルタ(自由の橋)と呼ばれる橋で本土と結ばれた島として、中央に配置されています。それぞれのモニュメント、教会博物館には、歴史や伝説の一部が含まれています。ヴェネツィアには自動車が走る通りはありませんが、ゴンドラや公共のヴァポレットが走る運河があります。ヴェネツィアという名前は、イタリア北東部のこの地域で最も古くから住んでいた人々、ヴェネツィア人に由来します。

ヴェネツィアにさまざまな名前があるのは、まさにその特異性によるものです。古代からこの街は重要な海上貿易の中心地でした。そのため、「ラ・ドミンテ」と呼ばれるようになりました。さらに、その平和で豊かな状況から、ビザンチン帝国から「ラ・セレニッシマ」の称号を得ました。また、ヴェネツィアには「アドリア海の女王」「水の都」「運河の都」という称号もある。実際には、ヴェネツィアのラグーンの中央にある118の島々の上に都市が築かれており、何百もの水路(約150)が横断しています。

ヴェネツィアが「橋の街」と呼ばれるのは、運河に400以上の橋が架かっていて、街全体がつながっているからです。また、ヴェネツィアはゴンドラの街でもあります。ゴンドラは、街を「ナビゲート」する最も有名な手段です。ゴンドラはこの街のシンボルであり、世界中で認知されています。ヴェネツィアは「光の街」でもあります。なぜなら、太陽が沈むときや街がライトアップされたときの光の陰影の美しさは、言葉では表現できないからです。

この街を訪れることは、想像を絶する体験です。大通りを歩き、ヴァポレットに飛び乗り、典型的なバカロに行き、シチェッティを味わう。ヴェネツィアのお祭りに参加することは、ヴェネツィア人を理解するための基本です。この街を体験するために、数日を費やすことをお勧めします。ヴェネツィアを十分に楽しむためには、「行き当たりばったり」の観光はお勧めできません。美しいものを楽しむには、常に時間が必要です。