loading
Festa di San Marco

ベネチアの聖マルコの日は、この街の守護聖人であり、68年4月25日に亡くなった聖マルコを祭る重要な宗教行事である。聖マルコは、キリストの弟子の一人で、マルコによれば、福音書の著者である。

 聖マルコの記念日は、1945年4月25日にイタリアが独立したときの解放記念日としても祝われた。また、この日はイタリア人が戦死した兵士を称える日でもある。1945年以前は、ベネチア人は4月25日を「バラの蕾の日」または「バラの花祭り」として祝っていた。

828年1月31日、ブオノ・ダ・マラモッコとルスティコ・ダ・トルセーロという二人のヴェネツィア商人が、サン・マルコの遺構をヴェネツィアに密輸した。この二人の密輸業者は、遺物を豚肉のスープに隠すことでトルコの検査を回避した。トルコの税関職員は、豚肉の臭いを嫌って検査しようとしなかった。商人たちの策略はばれなかった。当時、遺物は非常に珍重されており、マラモッコやトルチェッロもそのことをよく知っていた。この策略に二人の広報の手腕が加わり、田舎から都会への流出が起こり、ヴェネチアの再繁殖が始まったのである。 

翼のある獅子の装いのもと、聖マルコの身体は偶像化され、後にヴェネチアの守護聖人に任命された。

セレニッシマの支配下で、ヴェネツィア人とイタリア人は年に3回、聖マルコを祝った。1月31日は、マラモッコとルスティコのおかげで遺骨がヴェネツィアに入った日である。1094年6月25日は、聖遺物が最終的にサン・マルコ寺院に運ばれた日である。今日、ヴェネツィアの人々は4月25日のサン・マルコの日を、解放記念日に合わせて祝っている。

ヴェネツィアのサン・マルコの記念日には、いくつかの魅力的な物語がある。まず、1340年に起きた暴風雨でベネチアが水没しそうになったという話がある。その時、避難していた漁師が一人の騎士に声をかけられ、「一緒に来てくれないか」と言われた。漁師はそれを受け入れた。航海中、騎士は漁師に、出発前に難破した騎士をあと2人連れてきてほしいと頼んだ。この3人の騎士は、聖マルコ、聖ジョージ、聖ニコラウスに他ならず、ヴェネツィアの嵐はついに喜んだようである。聖人は船頭に指輪を渡し、その指輪はヴェネチア公バルトロメオ・グラデーニゴに渡り、他の聖マルコの宝物とともに最終的に保存されることになった。

サン・マルコの日の第二の伝統、正確には「薔薇の開花の祝祭」は、ロマンス、愛、和解について語るものである。物語は、聖マルコの墓の横に生えていたバラの茂みから始まる。サン・マルコの遺骨をヴェネツィアに届けた商人船員の一人であるバジリオが、このバラの木を譲り受けたのである。その土地は、やがて半分に分けられ、バジリオの二人の息子が相続することになった。このバラ園は、実は2つの土地の境界線上にあったのだ。そして、このバラ園が2つの土地の境界線上にあることから、兄弟は対立し、お家騒動となった。その結果、バラ園が枯れてしまい、家族関係も悪くなり、死にかけた。それから数年後の4月25日、バラ園とともに2人の若いベネチア人の間に恋の花が咲いた。この二人の青年は、対立する二つの家系にそれぞれ属しており、同じバラの枝の間から、しばらくお互いを覗き見していたのである。4月25日、青年はバラ園のバラを少女に贈り、両家への愛を示し、和解したようだ。家族の確執から二人の若者の愛まで、バラ園がその波乱の舞台となっている。

 もうひとつ、ヴェネツィアの「フィオレのバラ祭」にまつわる物語では、貴族の女性マリア・パルテシパツィオとトルバドールのタンクレディとの恋物語が描かれている。タンクレディは平民であったが、マリアと恋に落ち、それに応えた。タンクレディは、マリア・パルテチパツィオが貴族であったことから、ヴェネチアの社会的地位を高めるために、戦場で高い栄誉を受けることを期待してヴェネチア軍に入隊する。

しかし、スペインでのアラブ人との戦いで、茨の花のベッドで死んでしまった。死の床でタンクレディは、同志のオルランド・パラディーノに、永遠の愛の証として、バラのつぼみを持ち帰り、マリア・パルテシパツィオに渡してくれるよう懇願したという。

4月24日のサン・マルコの守護聖人の祝日の前日、オーランドはヴェネツィアに到着し、タンクレディの最後の願いを尊重して、マリアにそのバラを贈った。ベネチアの歴史によると、マリアは4月25日、そのバラを失恋の傷に添えて亡くなったという。それ以来、薔薇はヴェネチアだけでなく、世界中で愛とロマンスを象徴するようになった。

サンマルコの日は世界中で4月23日から25日まで祝われますが、ヴェネチアでは4月25日の1日だけ聖人を記念する日があります。この日は、サン・マルコ寺院で行われるミサで始まる。その日は、ダンスやコンサート、カーニバルなどのお祭りで盛り上がる。

ヴェネツィアでは、大運河のジャルディーニ・ディ・カステッロからサンタ・ソフィア・ブイまで乗客を運ぶゴンドリエが競漕する「レガタ・ディ・トラゲッティ」というイベントがある。ゴール地点はサン・マルコ桟橋付近。

サンマルコ寺院とその祭典ほどロマンチックなイタリアの観光地はないだろう。しかし、地元のレストラン経営者が用意した典型的な産物を使った料理祭が始まる4月28日まで滞在することをお勧めします。

4月25日、ベネチアでは、恋人や夫、友人、息子や兄弟から贈られた赤いバラを一本ずつ持って歩く女性の姿を目にすることでしょう。事実であれ伝説であれ、これらの行事はヴェネチア人にとって大きな意味を持ち、彼らの伝統文化の中核をなしています。