loading

1932年以来、世界中からスター、監督、プロデューサー、アーティストが集うヴェネチア国際映画祭。第1回目の上映作品は、1931年のルーベン・マムーリアン監督の『ドクター・ジキル』でした。映画は、リド島のパラッツォ・デル・シネマのさまざまなスペースで、9時から3時まで上映されます。この映画祭は、ヴェネチア・ビエンナーレが提案する文化的オファーの一部です。最初の上映作品は、1931年のルーベン・マムーリャンの「ドクター・ジキル」でした。

映画祭は誰でも参加できますが、大半の席は国際審査員用に確保されています。メインホールに入場できなくても、一般市民は事実上好きな場所で参加することができます。通常、ホテル・エクセルシオールのテラスからスターやパパラッチの姿を発見することができます。ホテルのテラスに行くには、宿泊客である必要はなく、飲み物を買って座ればいいのです。

ヴェネチア映画祭は、毎年8月末から9月初めの2週間だけ開催される。映画は3つの会場で上映され、メイン会場はリド島のパラッツォ・デル・シネマ、他の2会場はベネチアとメストレにあります。ヴェネチア映画祭では、金獅子賞と呼ばれる権威ある賞が授与される。この賞は、何十年もの間、映画製作と演技のプロフェッショナリズムを最もよく評価する賞である。アカデミー賞がややアーティスト志向であるのに対し、ヴェネチア映画祭は全体として芸術性を重視している。この映画祭には大物映画スターが集まるが、商業映画ではなく、実験映画が受賞することが多い。その他、監督賞の銀獅子賞、審査員特別賞、コッパ・ヴォルピ賞など、権威ある賞を受賞しています。最近では、オゼッラ賞やマルチェロ・マストロヤンニ賞が注目される。 

また、ビエンナーレは年間を通して音楽、ダンス、演劇のイベントも開催しています。