聖アンソニーの祭り

毎年1月16日と17日にモッタ広場で開催される「聖アントニオの祭典」(Sagra di Sant'Antonio di Venezia)である。ここでは、動物や子供たちが祝福される。1月16日にモッタ広場の2つの教会の前で行われる焚き火が、この祭りの伝統的な始まりです。

ヴェネチアのエスプリを楽しみたいのなら、この祭りは参加する価値のある数ある祭りの一つです。ヴェネチア人が愛する聖アントニウスを祝う喜びを味わうことができるのです。また、ヴェネチアの絵のように美しい路地で、典型的な料理を楽しむことができます。

1月16日の夜の焚き火の前には、記念すべき伝統行事が行われます。聖アントニウスの饗宴が行われ、その間、モッタ広場で2つのミサが行われます。

 ヴェネチアのきらめく夜が篝火の背景となる。焚き火は、スイスやドイツに移民した男たちの日々を思い起こさせる。彼らは祖国に帰るとき、アルプスの向こう側で書いた手紙を火の中に投げ入れ、聖アントニウスに良い妻を見つけてくれるよう頼んだという。彼女たちは次のような童謡を暗唱していたという。サンタントニオ・ディ・パーセル/ファム(Sant'Antonio di purscèl)」。Truva om it a nice / Damel Picula Damel grand / ma mia Damel Stort con le gambe"(豚の聖アンソニーよ、結婚相手を探させてくれ、大きくても小さくても、足が曲がっていてはダメだ)。

聖アンソニーはエジプトの仙人で、ペットの豚を飼っていた。エジプトの仙人は家畜の守護聖人、火の守護聖人、いや、さまざまな経済活動をする人の守護聖人として崇められた。ベネチアでは、聖アンソニーに祈願して、恋愛成就を願った。現在でも、愛を求める人は、聖アンソニーの日にミサに参加することが勧められている。

聖アンソニーの豚は、悪魔に混乱と恐怖をもたらすという言い伝えがあります。また、聖アンソニーは、今日「聖アンソニーの火」として知られている皮膚病を治したと信じられています。伝説によると、ベネチア人は当初、聖アンソニーが罪人の許しを頻繁に取り次いだため、その魂は地獄に落ちる運命にあると信じていた。このように他人の魂のために執り成しをすることは、ヴェネチア人にとっては信仰を持つ者としてふさわしくない行為であると認識されていたのである。  ベネチアでは、聖アントニウスの罪人救済の善行が時とともに名声を高めていった。聖アントニウスの善良な心は、時とともにヴェネチアの人々の意見を変えることに成功したのである。

1月17日の朝、モッタ広場の近くの教会で行われるミサで、サンタントニオ祭は終了する。ミサが終わると、すべての子供と動物への祝福を表す風船がピアッツァに放たれるのを見ることができる。聖アントニウス祭の期間中は、住民がペットを連れて教会にやってきて、馬などの祝福を受ける姿が見られます。

この祭りは、ベネチア人が最も大切にしている祝祭日の一つを体験する絶好の機会かもしれません。子供の純粋さと動物の無邪気さを祝う、ヴェネチアで唯一の祝日です。