ムラーノ島の旅程

Verified

このツアーでは、ムラーノ島の発見に特化した1日を過ごします。

フォンダメンテ・ノベからヴァポレット4.1または4.2で出発。ローマ広場からの3番線、または緑のツーリストラインを選ぶことができます。  ラグーンの真ん中の右手には、ロシアのアルメニア人彫刻家、ゲオルギー・フランジリャンの「Chiatta di Dante e Virgilio」があります。  浮遊する台の上に置かれたブロンズ像には、二人の詩人、ダンテとヴァージルが描かれています。

ヴァポレットで快適な30分を過ごすと、ムラーノ島に到着します。 

ムラーノ島は、ガラス製造の本拠地であり、ムラーノ島の人々だけでなく、ラグーンに住むすべての人々の誇りとなっています。1291年の法令により、すべてのガラス工場がムラーノ島に移された。小さな島ですが、色とりどりの家々の間を行き交う人々の流れに驚かされます。色のついた家は、船頭への道案内や家族の所有地の境界線として使われた。

ヴァポレットを降りたら、古いサンタ・キアラ教会でガラス作りのレッスンを受けることをお勧めします。

その後、Barovier&Tosoのショールームに行きます。名前の重要性とRio dei Vetraiの近くにある建物のロケーションから、ムラーノ島を訪れたら必ず立ち寄る場所です。

一度は行ってみたいガラス工房のひとつが、SerenellaのフォンダメンタにあるArchimede Segusoのガラス工房です。オーナーであるジーノ・セグソ氏の家族は、650年以上も前からガラスを扱ってきました。ガラス工房の名前は、ジーノの父であり、真の革新者であると同時にムラーノ島のガラス製造の伝統を守ってきたアルキメデ師に由来しています。

リオ・デイ・ヴェトライの水路、またはマニン湖、ヴェトライ湖に沿って歩くことをお勧めします。そこからサン・ピエトロ・マルタイレ教会にたどり着きます。教会内には、ベッリーニやヴェロネーゼの作品や、ティントレットの作品とされる絵画などが展示されています。 

見学後はPonte Longoを渡り、Riva Longaを東に向かって進みます。気が向いたら、ガラスの博物館にも行ってみてください。 

そこから、ムラーノの有名なドゥオモ、サンティ・マリア・エ・ドナート聖堂に向かいます。ムラーノの人々にとって思い入れのあるこの場所を、時間をかけて訪れることをお勧めします。カンポ・サン・ドナートからは、様々な通りにあるお店やガラス工房を巡ることができます。地図を見ながら、ツアーの最後の目的地であるサンタ・マリア・デッリ・アンジェリ教会に到着します。Fondamente Venier停留所からヴェネツィアに戻る。

昼食は、簡単な食事をするか、地図で紹介されているトラットリアの中から選ぶことをお勧めします。ムラーノ島にいるのだから、ヴェネチア人には「Bisato su l'Ara」として知られているムラーノ産のウナギを食べてみるといい。