サンタ・マリア・アスンタ・イン・トルチェッロのバシリカ

Verified

西暦639年に設立されたサンタ・マリア・アスンタは、11世紀の鐘楼の近くの寂しい草地に建っています。ビザンチン様式のモザイクが主役です。赤ん坊を抱いて泣いているマドンナは壮観で、反対側の壁には力強い「最後の審判」が描かれています。

ビザンチンの職人たちは、地獄や天罰を描くのが得意だったようです。彼らの「インフェルノ」では、バーチャルな人間のシチューが再現され、邪悪な悪魔によって火が起こされていた。