ヴェネツィアのユダヤ人博物館

1516年、十人評議会は、ヴェネツィアのすべてのユダヤ人をカンナレージョの小さなエリアに隔離するようにと定めた。この地区は広い運河で囲まれており、2つの小さな橋の先にある2つの入り口の門は、キリスト教徒の衛兵によって守られていました。ゲットーの名前は、アーセナルに移転する前のこの場所にあった大砲の鋳造所(ヴェネチア語でgeto)に由来しています。1541年には2つ目のゲットーが作られ、「オールドゲットー」と呼ばれたが、これは奇しくも「ニューゲットー」の後継者である。

その後、世界中のユダヤ人を強制的に隔離した場所すべてにこの名前が付けられました。日中、ユダヤ人はゲットーから出ることが許され、歴史上のある時期にはバッジや帽子の着用が義務付けられていました。夕方になると、彼らはゲットーに戻らなければならなかった。  彼らの職業は、繊維作業、貿易、金貸し、医療などに限られていた。

カンポ・デル・ゲットー・ヌオーヴォのオープンスペースは、高い建物に囲まれています。これらの建物は、できるだけ多くの人を収容するために、非常に高い位置にありました。階数が多く、天井が低く、壁が非常に薄い建物です。このような建築の進化の原因となったのは、過密状態でした。

1797年にナポレオンがゲットーの門を撤去したが、オーストリア軍の下でユダヤ人は再び強制的に監禁された。完全な自由が与えられたのは、1866年のことである。

現在もその民族性は失われていません。当初、ゲットーは監禁される場所でしたが、現在では文化と記憶の場となっています。コーシャ料理の店やレストラン、パン屋、ユダヤ教の図書館、博物館、セファルディック派のシナゴーグが2つ、アシュケナージ派のシナゴーグが1つあります。また、大きなゲットー・ヌオーヴォ広場には、ユダヤ人の工芸品を扱う店がいくつかあります。ヴェネツィアのこの地域には、今でも500人のユダヤ人が住んでいる。

ユダヤ博物館
ゲットー・ヌオーヴォにある小さなユダヤ博物館には、17世紀から19世紀までの遺物のコレクションが展示されています。この博物館には、ユダヤ人のお祭りを紹介するコーナーと、ヴェネツィアのユダヤ人の歴史を紹介するコーナーがあります。博物館では、織物や金の工芸品を見ることができます。この博物館では、ヴェネチアのユダヤ人の生活を再現することができます。

ここで入場券を購入します。 

ゲットーのシナゴーグのガイドツアーは、Jewish Museumのウェブサイトで見ることができます。