ベネチアは世界でも有数の映画のロケ地であり、様々な芸術的価値のある映画の中で主演やカメオ出演をしている。

1973年にニコラス・ローグ監督がダフネ・デュ・モーリアの『ドント・ルック・ナウ』を映画化した際には、その官能的で不吉な雰囲気が光った。一方、デヴィッド・リーン監督がキャサリン・ヘップバーンを主演に迎えた『サマータイム』(1955)はヴェネツィアのロマンスを描き、ヴィスコンティの『ヴェネツィアに死す』はノスタルジアの雰囲気を漂わせている。

ヘレナ・ボナム・カーターがコルセット姿で登場する『鳩の翼』、ポール・シュレイダー監督の退廃的な『他人の安らぎ』、偉大な恋人の物語『カサノバ』(2005)など、ヴェネチアが18世紀の姿に見事に蘇り、ヒース・レジャー、シエナ・ミラー、ジェレミー・アイアンズがスター性を発揮したコスチュームドラマで、ヴェネチアは何よりも輝いているのである。

ヴェニスは、フェリーニ監督の『カサノバ』(1976年)や『インディ・ジョーンズと最後の聖戦』で、サン・バルナバ教会が図書館として登場し、ハリソン・フォードがヴェニスのネズミたちの大部分に遭遇するなど、数え切れないほどの映画の背景となっている。

ロシアより愛をこめて』(1963年)では、ジェームズ・ボンド007の冒険がヴェネチアで始まった。その10年以上後、ジェームズ・ボンドのもう一つの冒険作『Moonraker』(1979年)は、ヴェネチアの運河で撮影されました。ジェームズ・ボンド007とベニスの関係は、2006年に世界中で上映された大ヒット映画『007/カジノ・ロワイヤル』でも続いています。

1996年、アカデミー賞9部門を受賞した『イングリッシュ・ペイシェント』は、ベネチアを含むイタリアの数カ所で撮影され、映画界を席巻した。また、アカデミー賞5部門にノミネートされ、高い評価を得た『リプリー』もヴェネト州で撮影された。

ハリウッドの大物俳優アル・パチーノとジェレミー・アイアンズが出演した『ヴェニスの商人』は、16世紀のヴェニスが主な登場人物の一人として描かれています。2004年に公開された『ヴェニスの商人』は、ユダヤ人ゲットーの生活と法の支配の両方を正確に描写しています。